倦怠期が彼女だけの時の乗り越え方とは?LINEの送り方や接し方のコツを解説!

倦怠期が彼女だけの時の乗り越え方とは?LINEの送り方や接し方のコツを解説!

 

「倦怠期が彼女だけのときはどうしたらいい?乗り越えるためのポイントが知りたい!」

 

どんなに仲の良い恋人同士でも、長い間一緒にいると避けて通れないのが倦怠期です。

両方同じ気持ちならまだいいですが、困るのは片方だけが倦怠期を迎えた場合です。

 

彼女が倦怠期を迎えてしまった場合、どうすればいいのかこのような疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。

 

  • 彼女だけが倦怠期になったらどう乗り越える?
  • 彼女だけが倦怠期のときに注意するポイントは?
  • 彼女だけが倦怠期のときLINEはどうする?

 

そこで今回は、倦怠期が彼女だけに訪れてしまったときの乗り越え方をご紹介します。

さらに接し方のコツをまとめているので、ぜひチェックしてみてください。

 

倦怠期が彼女だけの時の乗り越え方とは?一度距離を置くことが大切!

倦怠期が彼女だけの時の乗り越え方とは?一度距離を置くことが大切!

 

自分はまだ彼女のことが好きなのに、相手が倦怠期を迎えていると辛いでしょう。

でも大丈夫です。

 

倦怠期を迎えたからといって必ず別れが待っているわけではありません。

まずは、倦怠期が彼女だけのときの乗り越え方をチェックしていきましょう。

 

  • 会う頻度を意識的に減らし、一度距離を置く
  • しつこく連絡しない
  • 2人きりになるのを避け、他の人を交えて会う
  • 自分に悪い点がないか振り返る
  • 自分磨きをして魅力アップに努める
  • いつもとは異なるデートプランを立てる
  • 彼女が興味を持っていることにチャレンジする

 

会う頻度を意識的に減らし、一度距離を置く

 

彼女が倦怠期を感じていると分かったら、まずは会う頻度を意識的に減らしていきましょう。

「距離をおこう」と明言する必要はありませんが、実質的に離れる期間を作るということです。

 

倦怠期を感じているときというのは、彼女の気持ちが揺れているときです。

「好きかどうか分からない」状態であり、あなたへの気持ちは少なからず以前とは違い冷めているかもしれません。

 

今は別れるほど気持ちが固まっていませんが、そんな状態のときに無理に会ったとしてもなかなか楽しい時間を過ごすことはできません。

むしろ、「やっぱり2人で会っても楽しめない」と彼女が感じてしまい、別れを決意するきっかけになる可能性があります。

 

人は少し物足りなさを感じる時が一番人やものへの執着が強くなるものです。

彼女の気持ちが冷めているときは無理に追いかけず、少し距離を置くようにしてみてください。

 

もちろん、距離はおいても気持ちを戻すことはできるので心配しないで大丈夫です。

 

しつこく連絡しない

しつこく連絡しない

 

倦怠期が彼女だけのときは、しつこく連絡しないことも大切です。

「彼女の態度が以前と違う…倦怠期かもしれない」と思うと不安でいてもたってもいられなくなるでしょう。

 

意識的に会う頻度を減らしていると、なおさら「せめて連絡だけでも取らないと」と思うのも無理はありません。

しかし、例え会わなくても連絡があれば相手のことを感じられるものです。

 

頻繁に連絡していては、会わないようにしている意味がありません。

メールやLINE、電話はやり取りが残る分、余計にしつこさを感じてしまいます。

 

とは言え、全く連絡しないのも自然消滅の可能性があるのでNGです。

ただし、どのくらい連絡をすればいいかは普段の連絡頻度によっても変わるので一概には言えません。

 

目安としては「ちょっとそっけないかな?」くらいの頻度がおすすめです。

相手から返信がないのに何度も連絡するのはやめましょう。

 

2人きりになるのを避け、他の人を交えて会うようにする

 

恋人同士だと2人きりで出かけるのが定番です。

ですが、彼女が倦怠期のときは2人きりになるのは避けて、他の人も交えて会うようにしましょう。

 

友人カップルとのダブルデートや共通の友人みんなでの飲み会など、彼女と会うときに2人きりにならないようにします。

2人きりが決して悪いわけではないのですが、いつも2人だとどうしても新鮮味がなくなっていくものです。

 

彼女が倦怠期を感じているときは、「いつもと同じ」という状況はより倦怠感を加速させる原因になるでしょう。

恋人に見せる顔と友人や職場の人に見せる顔は違います。

 

お互いの新たな一面を知ることができると、彼女の気持ちも再熱する可能性は十分あるでしょう。

また、付き合いたてのカップルと遊ぶのもおすすめです。

 

初々しくラブラブな様子を見て「いいな」と彼女が思えば、こちらも倦怠期を乗り越えるきっかけになるかもしれません。

 

自分に悪い点がないか振り返る

自分に悪い点がないか振り返る

 

倦怠期が彼女だけのときは、自分の言動を見直すタイミングでもあります。

今一度、自分に悪い点がないか振り返ってみましょう。

 

倦怠期とは、相手やものに対して飽きが出てきて嫌になることを指します。

人の気持ちは移りゆくものなので、いつまでも同じ気持ちでい続けることは難しいことでしょう。

 

倦怠期が訪れるのも仕方のないことですが、それでも相手やものに対して「好き」や「尊敬」を感じられると人は倦怠期を乗り越えられます。

つまり、彼女の中で自分に対して「好き」や「尊敬」の気持ちを作ることが大事なポイントです。

 

そのためには、彼女が感じている不満を取り除く必要があります。

「親しき中にも礼儀あり」という言葉があるでしょう。

 

人は付き合いが長くなるとどうしても相手に対して礼儀を忘れがちです。

ほんの些細なことでも、相手の中では積もり積もって見逃せなくなっている可能性があります。

 

彼女に甘えきって失礼な態度を取っていないか、相手がやめてほしいといったことをやっていないか、このタイミングで振り返ってみましょう。

 

自分磨きをし、外見や内面の魅力アップに努める

 

倦怠期には「好き」や「尊敬」を相手に感じさせることが大事と紹介しましたが、そのためには自分磨きが欠かせません。

外見はもちろん、内面も磨いて魅力的な人間になれるよう努力してみてください。

 

特に男性は「釣った魚に餌はやらない」タイプの人が多いと言われています。

彼女と付き合えた安心感で、自分磨きを怠っていませんか。

 

「ありのままの自分を好きになってもらう」ことと「何も努力しないこと」は別です。

いつまでも彼女に好きでいてもらえるよう、自分ができることはやっていきましょう。

 

具体的には、以下のようなことがおすすめです。

 

  • 筋トレをして体を絞る
  • 体力をつける
  • 美容院で新しいヘアスタイルに挑戦する
  • 眉スタイリングをプロにお願いする
  • 本を読む
  • 資格取得のために勉強を始める
  • 新しくバイトやボランティアを始める

 

見た目と同じように中身も底上げすることが大切です。

彼女に会えない期間こそ、自分磨きをして久しぶりに会った彼女をびっくりさせるチャンスです。

 

いつもとは異なるデートプランを立てる

いつもとは異なるデートプランを立てる

 

彼女と久しぶりに会う時は、新鮮さを取り戻す良い機会です。

いつもとは異なるデートプランを立てて、彼女を喜ばせてあげましょう。

 

付き合っている期間が長いと、だいたいお互いの好みが分かってくるのでデートもパターン化しがちです。

「いつものところでいいか」となりがちですが、これでは倦怠期が加速していくだけです。

 

いつもは行かない場所をデート先に選んで、お互いが新鮮な気持ちで楽しめるようにしましょう。

おすすめなのは、2人で一緒に何かを体験することです。

 

思いっきり体を動かしてもいいし、一緒に何かを作るのもいいかもしれません。

流行のリアル脱出ゲームなんてのも新鮮さを取り戻すのにはぴったりなデートコースです。

 

一筋縄ではいかないような難しいことをやり遂げたとき、2人の絆は深まるでしょう。

 

彼女が興味を持っていることにチャレンジしてみる

 

「デートプランがなかなか決まらない…」というときは、彼女が興味を持っていることにチャレンジしてみるのもひとつの方法です。

彼女からすれば「興味をもってくれた」というのはとても嬉しく、2人でチャレンジできたことが良い思い出となるからです。

 

彼女が好きなもの・興味を持っているものは何か、思い出してみてください。

恋人はそれぞれ好きなことをやるのもいいですが、2人共通の趣味ができるとより一緒の時間を楽しめるようになります。

 

「男がやるなんて…」と避けていたことがあるなら、ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう。

もしかすると、あなたの新しい趣味になるかもしれません。

 

倦怠期が彼女だけの時のLINEの送り方は?頻度や文章の長さは?

倦怠期が彼女だけの時のLINEの送り方は?頻度や文章の長さは?

 

今やLINEは、連絡手段として欠かせなくなったツールです。

日常的に使うツールですが、倦怠期のときこそLINEの使い方には注意が必要です。

 

そのため、ここからは頻度や文章の長さなど、大事なポイントを4つ紹介していきましょう。

 

  • 普段よりLINEの頻度を減らす
  • 用事がある時以外はLINEしない
  • わかりやすく短い文章でLINEを送る
  • 優しく穏やかな文章を心がける

 

普段よりLINEの頻度を減らす

 

1つめのポイントは、普段よりLINEの頻度を減らすことです。

気軽にコミュニケーションが取れるLINEは便利ですが、倦怠期が彼女だけのときはその気軽さがあだとなるためです。

 

長い付き合いにもなると、LINEを送るときに「今送っても大丈夫かな」と考えることはあまりないでしょう。

自分の送りたいときに思うままに送っていた人も多いと思います。

 

しかし、倦怠期の彼女にとっていつも通りのLINEというのはわずらわしさを感じるものです。

「私が倦怠期なのにこの人は何も気づいてないんだな」と、普段通りの頻度のLINEに彼女はうんざりしてしまうかもしれません。

 

倦怠期を乗り越えるためには、新鮮さを取り戻すことが鍵です。

普段よりLINEの頻度を減らし、彼女にとってあなたとの連絡が「貴重なもの」になるように持っていきましょう。

 

用事がある時以外はLINEしない

用事がある時以外はLINEしない

 

ただし、全くLINEをしないのは自然消滅の恐れもあるので避けたいところです。

彼女に用事があるときはLINEをし、頻度こそ少ないものの定期的に連絡を取り合っている状態にしてみてください。

 

言い換えれば、倦怠期が彼女だけのときは、用事がなければLINEをしないほうがいいのです。

恋人同士のLINEというと、「おはよう」「おやすみ」など特に用事がなくても送ることが多いでしょう。

 

それはそれで楽しいですが、付き合いが長くなるとそんなやり取りもマンネリ化してしまいます。

付き合う前は連絡がくると一喜一憂していたのに、連絡がくることが当たり前となっているのです。

 

この状態では倦怠期を抜け出すことはできません。

普段何気ないことでもLINEでやり取りしていたのであれば、今はグッと我慢してみてください。

 

彼女との連絡は必要最低限にとどめましょう。

 

わかりやすく短い文章でLINEを送る

 

LINEを送るときは、分かりやすく短い文章を作ることを意識してみてください。

用事がある時以外はLINEをしないとなると、いざ送るとなったときについあれもこれもと送りたくなるかもしれません。

 

しかし、気持ちが冷めている相手からの長文LINEはしつこさを感じてしまうものです。

「返事を返さなきゃ」とLINEを義務に感じるようになってしまいます。

 

「やっぱり彼氏への気持ちが冷めてるんだ」と、彼女の倦怠期を実感させるきっかけになる恐れもあるでしょう。

LINEの内容は、彼女が物足りなさを感じるくらいがベストです。

 

できるだけ分かりやすく簡潔にまとめるようにして、彼女が返事をしやすいLINEを意識してみてください。

 

優しく穏やかな文章を心がける

優しく穏やかな文章を心がける

 

分かりやすく短い文章でLINEを送ることがポイントですが、だからといってそっけなくする必要はありません。

LINEの文章を送るときは優しく穏やかな文章を心がけてみてください。

 

連絡頻度も減ったうえに文章までそっけないと、いよいよ彼女が別れを意識しだすからです。

「もう私たちはダメだな」と2人の関係が終わりのような雰囲気を出してはいけません。

 

倦怠期が彼女だけのときこそ、あなたはいつも通りに彼女に接することが大切です。

なかなか気持ちが落ち着かない日々が続くかもしれませんが、焦った気持ちを文章に出しては2人の関係に影響が出てしまいます。

 

LINEは記録に残るものなので、彼女がふと見返したときに嫌な気持ちにならないように注意しましょう。

 

倦怠期が彼女だけの時の接し方のコツは?普段通りが大切!

倦怠期が彼女だけの時の接し方のコツは?普段通りが大切!

 

倦怠期を迎えた彼女にどうやって接したらいいのか迷うかもしれません。

実は、ここが元通りになるために最も大事なポイントです。

 

彼女の倦怠期を加速させないよう、するべきこと・してはいけないことを確認していきましょう。

 

  • 倦怠期であることを意識し過ぎないことが大切
  • 彼女の話をしっかり聞く機会を作る
  • 彼女にたくさん「ありがとう」を伝える
  • 彼女への愛情は言葉にして伝える

 

倦怠期であることを意識し過ぎないことが大切

 

1つめのポイントは、倦怠期であることを意識しすぎないということです。

大好きな彼女が倦怠期を迎えていると知ると、気持ちが落ち着かず不安になるのは当たり前です。

 

だからといって「倦怠期に入ってない?」や「飽きてきてるよね?」と彼女に聞くのはやめましょう。

彼女は少なからず倦怠期である今の状況に悩んでいます。

 

もしあなたのことが嫌いになったのならすぐに別れればいいのに、そうしないのは彼女本人も戸惑っているからです。

そんな気持ちが落ち着かないときに「倦怠期でしょ」と言われると、彼女の気持ちはガクッと下がってしまうでしょう。

 

あなたにそんなつもりはなくても、責められている気になるのです。

難しいかもしれませんが、倦怠期が彼女だけのとき、あなたは倦怠期を意識し過ぎずできるだけいつも通りに接してみてください。

 

不安な気持ちは一緒にいる相手に伝染してしまい、結果的に別れを助長させる可能性が高くなります。

だからこそ、いつも通りの感じを意識するようにしましょう。

 

彼女の話をしっかり聞く機会を作る

彼女の話をしっかり聞く機会を作る

 

2つめのポイントは、彼女の話をしっかり聞くということです。

倦怠期を迎える原因はさまざまですが、彼女が今の関係に何かしらの不満を持っていることは確かです。

 

彼女自身ももしかして気持ちがモヤモヤしており、自分の倦怠期の原因が何かよく分かっていないのかもしれません。

そんなときは、とにかく彼女の話をしっかりと聞いてあげてみてください。

 

不安な気持ちをちゃんと受け止めてあげられるというのは、付き合っている者同士の特権です。

「この人は私の話を聞いて受け止めてくれる」と彼女が安心することができれば、倦怠期も乗り越えることができるでしょう。

 

注意点は、話の途中で口をはさまないということです。

男性からすれば女性の話は要領を得ておらず分かりにくいと感じるかもしれません。

 

ただ、それでも彼女が言いたいことを全部言えるまで待ってあげてみてください。

 

彼女にたくさん「ありがとう」を伝える

 

3つめのポイントは、感謝の気持ちをたくさん伝えるということです。

付き合いが長くなると、いつしか相手にしてもらったことが当たり前のように感じてしまうでしょう。

 

ただ、付き合いが長くいつも一緒にいる相手こそ、まずは他の誰よりも大事にするべき対象です。

「ありがとう」の気持ちはその都度彼女に伝えてあげてみてください。

 

「ありがとう」と言われて嬉しくない人はいません。

ささいなことでもきちんと感謝の気持ちを伝えることができるのは、きちんと彼女のことを見ている証拠でもあります。

 

「大事にしてくれてるんだな」と彼女が実感できるようになれば、この先もあなたと一緒にいたいと思うようになるでしょう。

 

彼女への愛情は言葉にして伝える

彼女への愛情は言葉にして伝える

 

4つめのポイントは、愛情を言葉にして伝えることです。

「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることと同じくらい大切なのが、「好き」という愛情をきちんと言葉にして示すことです。

 

「言わなくても分かる」と男性は思いがちですが、愛情を口にしないというのは想像以上に女性を不安にさせていると思ってください。

彼女はあなたからの「好き」の言葉がないことに不満と不安を感じ、倦怠期になっている可能性が高いです。

 

男性の中には「軽々しく好きとか言わないほうがいい」と思っている人もいるかもしれません。

確かに気持ちのこもっていない愛情表現は何の意味もないですが、ちゃんと気持ちがこもっていれば「好き」は何度言ってもいいものです。

 

女性は愛されている実感があれば、2人で一緒にいる未来を想像できるようになるのです。

倦怠期を乗り越えるために、まずは自分の気持ちを言葉にすることから始めていきましょう。

 

まとめ

まとめ

 

ここまで、倦怠期が彼女だけのときの乗り越え方をまとめてきました。

 

  • 会う頻度を意識的に減らし、一度距離を置く
  • しつこく連絡しない
  • 2人きりになるのを避け、他の人を交えて会う
  • 自分に悪い点がないか振り返る
  • 自分磨きをして魅力アップに努める
  • いつもとは異なるデートプランを立てる
  • 彼女が興味を持っていることにチャレンジする

 

大好きな彼女が倦怠期を感じていると思うととてもショックでしょう。

でも、倦怠期は当の本人も気持ちが揺らいでいるときです。

 

だからこそ、こちらの対応次第では十分気持ちを取り戻すことができます。

ここまでお伝えしたことを参考に、彼女への接し方を今一度見直してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください